治療をすれば目のクマはあっと言う間に消える

[PR]

大阪のクリニックで美容外科を受ける♪
まずは施術メニューを要チェック!

美容外科で治せる

レディ

年齢とともに出る肌の悩み

人の肌は年齢とともに水分を保つ力が衰えます。水分を保つ力(保湿力)が低下すると、外部から受けるダメージによって肌表面のごわつきや乾燥などを引き起こしてしまいます。また、コラーゲンの減少によってハリや弾力が失われ、そこに力が加わることで深いシワができてしまうこともあるのです。血行を促す力の弱まり、細胞の栄養不足などで新しい角層を作り出しづらい状態になると、紫外線などの影響によって生み出されたメラニンが留まってしまいシミの原因にも。また、保湿力の低下した肌はかさついてキメが乱れ透明感を失い、くすんだように見えることがあるので要注意でしょう。血液の流れが悪くなることも、肌のくすみの原因と考えられていますよ。栄養不良の肌は皮脂を過剰に分泌してしまい毛穴が開きがちになり、開いた毛穴に詰まった老廃物によって黒ずみが現れてしまうこともあります。新陳代謝の機能低下は30代を境に急激に起こってきます。加齢による肌の力の衰えに内的外的なストレス(栄養の偏り、紫外線、エアコンなどによる空気の乾燥)が加わることで、肌トラブルに拍車をかけてしまうことになるのです。そうならないように肌のターンオーバーを整え、十分な栄養を与えてあげることが肌の悩みを解消することにつながります。お風呂はシャワーだけで済ますのではなくて、しっかりと入浴しマッサージなどをすることで血行を促すのも効果的な対処法です。マッサージに加え、成分にこだわった美容液を用いることで相乗効果が期待できるでしょう。

目のクマや目の下のたるみは治療で治せる

女性の悩みである目の下のクマやたるみ。病気ではありませんが、若々しい見た目を維持する上で悩みのタネとなることも多いです。ここではそんな悩みを効果的に解消する治療を紹介します。目のクマには「赤クマ」「黒クマ」「茶クマ」という三種類の様態が存在します。これらは時として複合的に現れてくることもあるため、症状に合わせて適切な治療を行うことがポイントとなってくるのです。赤クマは目の周囲にある眼輪筋が赤く透けて見える状態です。目の下を引っ張ると赤みが増すのが特徴です。血行不良や目の下のふくらみによって眼輪筋が押し出されていることが原因となっています。黒クマは眼窩脂肪の突出によって引き起こされます。眼窩脂肪は年齢とともに膨らんでいき、それが影を作ることでクマが生じるのです。そして茶クマは目の下の色素沈着によって現れます。日焼けなどのダメージによってメラニンが沈着することで黒ずむのです。それぞれの治療には脂肪を取り除く脱脂術や、取り除いた脂肪を利用して形を整えるリポトランスファーと呼ばれる手技が用いられます。そのほかにもヒアルロン酸の注入や、色素沈着にはメラニンの排出を促す治療が行われます。先にも述べましたが、クマができる要因は複数ある場合もあるため、入念なカウンセリングを行い適切な治療方法を選ぶことが重要です。

合わせて読みたい記事

鏡を見る人

良いイメージになる

目のクマは、老けて見える大きな原因になります。美容外科に行けば治療はしてもらえるのですが、治療方法は色々あるので、しっかりとカウンセリングをして後悔しない方法を選びましょう。後悔しない治療のためには、クリニック選びや医師選びも慎重にしなければいけません。

READ MORE
広告募集中