良いイメージになる|困ったら美容外科へ~目のクマを治療して好印象に繋げよう~

老けた印象を払拭!目のクマを治療して若い印象へ

目のクマを治すおすすめの治療法

老けて見える原因の一つになるのが、目のクマです。これがあるだけで他の部分が美しくても台無しになってしまいます。しかも、目の下という非常に目立つ部分にできるもので、かなり厄介です。無視しようと思ってもできるものではありません。これのせいで十歳以上老けて見られることも珍しくはないのです。ですが、目のクマは比較的簡単に治療をすることができます。美容外科に相談に行けば、色々な治療法を提案してもらえることでしょう。おすすめの治療法は多いのですが、何よりもまずは原因に合った治療法を選択する必要があります。原因によって、最適な治療法も変わってきます。まずはカウンセリングでそのあたりのことを把握するのが先決です。目の下の脂肪が原因で肌に凹凸が生まれ陰が黒く見えるパターンが多いですが、この場合なら、経結膜下脂肪除去法という方法でクマの除去が可能です。眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り除いていくこの手法の優れたところは、傷跡が全く目立たない部分にあります。まぶたの裏側からの除去になるので、外部からは手術をしたことも分かりません。日常生活に支障が出ることもないので、この方法は割とおすすめできます。
逆に眼窩脂肪の量が足りずに、内部組織が透けて見えているパターンもあります。その際には逆に、ヒアルロン酸の注入や脂肪注入をして肌に厚みを出してあげるのがいいでしょう。人によって原因がまちまちですし、どの治療法がベストなのかは変わります。医師と相談の上で最高だと思える方法を採用していくことが、重要です。

良いイメージになる

鏡を見る人

診察から治療までの流れ

美容外科に行けば、まずはカウンセリングをすることとなります。どの部分について悩みを持っているのか、その悩みをどう解決していきたいのかを、医師の先生に伝えます。その後、診察をすることとなります。診察によって何が原因でトラブルが起こっているのかを分析していきます。原因が分かれば治療法も自ずといくつかに絞られくるので、この時点で大まかな治療法は決定することとなりますね。その後、再度カウンセリングをして、状況の確認と今後の治療方針について相談を進めていきます。この際、過去の症例についての説明等も受けることができます。ですから、よく話を聞いておきましょう。病院によってはコンピューターグラフィックスを使って術後の状態を見せてくれることもあります。そして治療方針やリスク、予算にすべて納得がいくなら、ここで本契約をすることとなります。その後、軽い治療ならその場で済ませてしまうこともありますが、大きな手術が必要なら、また後日手術日を設けます。最後に治療本番ですが、当日は手術前の準備が済めば、あとは特に何もすることがありません。手術台に乗ってじっとしているだけで着々と治療は進んでいくので不安に思う必要はありませんよ。

自分に合ったクリニックを探すことが重要

目のクマに限らずですが、美容外科に通うときには、そのクリニックが自分に合っているかどうか判断することが大事です。美容外科と一口に言っても、それぞれに得意分野と不得意分野を持っているものだからです。自分が悩んでいる症状を得意分野にしている美容外科なら、選べる治療方法の数からして違ってきます。手術のクオリティも違ってくることでしょう。専門性を高めているクリニックなら、並のクリニックが気づかない問題点にも気づいてくれるかもしれません。どこのクリニックも同じだろうと考えるのはよくありませんね。場所によって、満足度は大きく異なります。
手術件数が多いとそれだけ医師も経験豊富だということなので、安心感に繋がります。全国から同じ悩みを持った人が集まるような優秀なクリニックなら、手術も素晴らしい手際で行ってもらえますし、術後の仕上がりにも不満を抱きにくくなります。昔は良いクリニックを探すのも難しかったのですが、今ならネットで日本中の美容外科を検索することができます。どの美容外科が自分の悩みを最もよく理解してくれるのかは、ネットをチェックするだけでもある程度絞り込めます。口コミ情報も参考にしつつ、後悔をしない選択をしていきましょう。ちなみに、病院との相性も重要ですが、医師との相性も重要です。カウンセリング時に何か違和感があるなら、別の病院でもカウンセリングを受けるようにしましょう。いくら腕がよくても、信頼ができない場合は少なくありません。この人になら任せても良いと思えるまで、医師探しは継続するのが理想です。

広告募集中